2017/03/14 18:04 更新

好感度アップ!オーディションでのヘアメイク&ファッション

eyelash-curler-1761855_960_720

書類審査が通過したら、いよいよ審査員との面接。

不安に思ってしまうかもしれませんが、堂々と臨めば大丈夫。
オーディションの前にポイントを押さえておきましょう!

ヘアメイクのポイント

lipstick-791761_960_720

華を添えるイメージで。基本的にはナチュラルメイクで自分の欠点をカバーして、より良い印象を与えられるようにしましょう。

流行のチークやリップを中心にしたメイクや目の大きさを強調する「整形メイク」では本来の魅力が伝わりません。修正しすぎた応募写真で審査を通過しても、実際に審査員との面接で雰囲気が違う、なんてことは絶対NG。写真を修正するときはやりすぎには注意して魅力がアップするようなイメージで。

髪型も同様です。清潔感があり、綺麗に整えた髪型で臨みましょう。
ヘアメイクや服装は身だしなみを整えることで、清潔感と素直さ、明るさを表現でき、好感が持たれることで興味を持ってくれるきっかけになります。
反対に不潔で根暗だったり、派手な印象だと印象が良くないですよね。

オーディションではあなたの今と将来、可能性を判断します。素直に自分を最大限にアピールできれば、好印象です。

ファッションのポイント

photoshoot-1928086_960_720

自分らしいファッションが良いでしょう。…とはいうものの、ダボっとしたファッションや派手なファッション、趣味に走りすぎたファッションはダメ。審査員や事務所には求めている人物像があります。その中でどう見られたいか?どう見られるか?そして自分らしさをアピールしましょう。

服の色でも印象が変わります。白・黒・紺・パステルカラーがオススメ。清潔感がある色でフレッシュさがアピールできます。スタイル(体のライン)がわかる服装にしましょう。

そして何より大事なのは笑顔と挨拶、礼儀。身近で考えてみると、明るい印象で親しみやすい人と一緒にいたい、友達になりたい、一緒に働きたいと思いませんか?みんなに愛されるタレント性の要素を審査ではチェックされています。

あなたらしさを自然体でアピールしましょう!

トップへ